キンモクセイ

グリーンコーン
樹木名 キンモクセイ

原産国 中国 

モクセイ科

中国原産の常緑樹です。秋に花を咲かせる数少ない樹木で、樹冠いっぱいに黄色い花をつけ、香りもよいため、公園樹、庭木として人気が高い樹木です。刈り込みにも耐え、自在の樹形作りが可能なため、単植はもちろん生垣にも用いられます。

グリーンコーン2

秋を代表する香りのよい花木といえば、キンモクセイ。10月には、あちこちから甘い香りが漂います。香りだけではなく、オレンジ色で集まって咲く小さな花と、濃い緑の葉の対比も鮮やかです。中国では、乾燥した花が桂花酒の材料として用いられます。日本では芳香剤によって、最も知られる花木の香りかもしれません。

キンモクセイはモクセイ科モクセイ属の常緑低木で、仲間が世界に約30種が分布します。日本で栽培されるのは、ギンモクセイやヒイラギなどで、主に和風の庭園に植栽されます。



side_toi


←この樹木に対する詳しいお問合せはコチラからどうぞ!