屋上緑化の費用対効果

20111129_1507_28_0247w273_h273_popup
工事後
20111129_1507_40_0744w273_h273_popup
工事前

●省エネ効果⇔光熱費削減
屋上緑化をするにあたり最大の効果は、断熱効果による省エネ効果です。
ビルの屋上や戸建て住宅の屋根に植物を植え緑化すると、それらが断熱材の役目を果たし太陽熱から建物へ遮るための断熱効率があがり、冷暖房効率が改善され消費電力が押さえることになります。これにより冷暖房など光熱費の省エネ効果に最も貢献できます。



●ヒートアイランド現象の緩和⇔温室効果ガスの減少→光熱費削減
ヒートアイランド現象とは、都市部で道路など大部分がアスファルトやコンクリートで覆われているために、熱が蓄熱しやすく夜になっても地面にこもった熱のために気温が下がらない事や、それに伴いエアコンの排熱、自動車からの排熱が影響し、気温が下がらなく熱帯夜が続いたりします。また高層ビルやマンションの乱立で風の流れを遮るために冷却効果を妨げています。屋上緑化をおこなうと植物からの蒸散作用により周辺の気温を下げる効果があります。



●いやし・リラックス効果⇔ストレス緩和
緑に囲まれた空間はこころをいやしてくれます



●建築物劣化の防止⇔維持管理費節約
直射日光を遮るために、紫外線による劣化を防止する効果があります。